本文へスキップ

近畿大学 農学部 農業生産科学科

研究業績access

飯嶋盛雄 教授  →  (クリック)

山根浩二 准教授  →  (クリック)

廣岡義博 助教 →  (クリック)

最近の業績



<原著論文>

2018年

Yamane K, Araki C, Watanabe Y, Iijima M. 2018. Close mixed planting with pearl millet improves drought tolerance in rice by the increased access to deep water. Plant and Soil, 423: 397-410.

Izumi Y, Okaichi S, Awala SK, Kawato Y, Watanabe Y, Yamane K, Iijima M. 2018. Water supply from pearl millet by hydraulic lift can mitigate drought stress and improve productivity of rice by the close mixed planting. Plant Production Science, 21: 8-15.

Yamane K, Oi T, Enomoto S, Nakao T, Arai S, Miyake H, Taniguchi M. 2018. Three-dimensional ultrastructure of chloroplast pockets formed under salinity stress. Plant, Cell and Environment, 41: 563-575.

Yamane K, Garcia R, Imayoshi K, Mabesa-Telosa RC, Banayo NPMC, Vergara G, Yamauchi A, Sta. Cruz P, Kato Y. 2018. Seed vigor contributes to yield improvement in dry direct-seeded rainfed lowland rice. Annals of Applied Biology, 172: 100-110.


Hirooka Y, Homma K, Shiraiwa T. 2018. Parameterization of the vertical distribution of leaf area index (LAI) in rice (Oryza sativa L.) using a plant canopy analyzer. Scientific Reports, 8: 6387

Hirooka Y, Homma K, Shiraiwa T, Makino Y, Liu T, Xu Z, Tang L. 2018. Yield and growth characteristics of erect panicle type rice (Oryza sativa L.) cultivar, Shennong265 under various crop management practices in Western Japan. Plant Production Science, 21: 1-7
.


2017年
Iijima M, Hirooka Y, Kawato Y, Watanabe Y, Wada K, Shinohara N, Nanhapo PI, Wanga M, Yamane K. 2017. Short term evaluation of oxygen transfer from rice (Oryza sativa) to mixed planted drought-adapted upland crops under hydroponic culture. Plant Production Science, 20: 434-440.

Itoh K, Murata K, Sakaguchi N, Akai K, Yamaji T, Shimizu K, Isaki K, Matsukawa T, Kajiyama S, Fumuro M, Iijima M, Matsuda H. 2017. Inhibition of advanced glycation end products formation by Mangifera indica leaf extract. Journal of Plant Studies, 6: 102-107.

Mizuochi H, Hiyama T, Ohta T, Fujioka Y, Kambatuku JR, Iijima M, Nasahara KN. 2017. Development and evaluation of a lookup-table-based approach to data fusion for seasonal wetlands monitoring: An integrated use of AMSR series, MODIS, and Landsat. Remote Sensing of Environment, 199: 370-388.

Kotani A, Hiyama T, Ohta T, Hanamura M, Kambatuku JR, Awala SK, Iijima M. 2017. Impact of rice cultivation on evapotranspiration in small seasonal wetlands of north-central Namibia. Hydrological Research Letters, 11: 134-140.

Watanabe Y, Itanna F, Fujioka Y, Ruben S, Iijima M. 2017. Soil fertility status of seasonally closed wetland ecosystem (ondombe) in north-central Namibia. African Journal of Agricultural Research, 12: 1538-1546.

Hiyama T., Kanamori H, Kambatuku JR, Kotani K, Asai K, Mizuochi H, Fujioka Y, Iijima M. 2017. Analysing the origin of rain- and subsurface water in seasonal wetlands of north-central Namibia. Environmental Research Letters, 12: 034012.

Nanhapo PI, Yamane K, Iijima M. 2017. Mixed Cropping with Ice Plant Alleviates the Damage and the Growth of Cowpea under Consecutive NaCl Treatment and after the Recovery from High Salinity. Plant Production Science 20: 111-125. doi: 10.1080/1343943X.2017.1282828

Watanabe Y, Itanna F, Fujioka Y, Petrus A, Iijima M. 2017. Characteristics of soils under seasonally flooded wetlands (oshanas) in north-central Namibia. African Journal of Agricultural Research, 11: 4786-4795.

Itoh K., Murata K., Futamura-Masuda M., Deguchi T., Ono Y., Eshita M., Fumuro M., Iijima M., Matsuda H. 2017. Inhibitory Activity of Citrus madurensis Ripe Fruits Extract onAntigen-induced Degranulation in RBL-2H3 cells.Journal of plant studies, 6: 23-30.

 













洪水干ばつ対応農法

<原著論文>
Suzuki T, Ohta T, Izumi Y, Kanyomeka L, Mwandemele O, Sakagami J, Yamane K, and Iijima M 2012. Role of canopy coverage in water use efficiency of lowland rice in early growth period in semi-arid region. Plant Production Science (In press)


<学会発表>

1) Amara Cisse・泉泰弘・坂上潤一・飯嶋盛雄.
幼植物期イネの長期冠水ストレス耐性: アジアイネ、アフリカイネ、ネリカの比較.
第228回日本作物学会. 静岡県コンベンションアーツセンター (グランシップ).
2009年9月29-30日. 第78巻(別2), 252-253.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/228/0/228_0_252/_pdf

2) 林剛志・泉泰弘・鈴木哲司・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄. 根箱法によるNERICA根系発達の検討:とくに乾燥ストレス耐性評価. 第232回日本作物学会. 山口大学. 2011年9月1 - 2日. 第80巻 (別号2), 192-193.

3) 鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Kanyomeka L・Mwandemele O・山根浩二・飯嶋盛雄. 日本とナミビアにおけるイネの気孔コンダクタンスに対する環境要素の影響. 第232回日本作物学会. 山口大学. 2011年9月1 - 2日. 第80巻 (別号2), 264-247.

4) 鈴木哲司・泉泰弘・坂上潤一・太田岳史・Kanyomeka Luke・Mwandemele Osmund・飯嶋盛雄.
半乾燥地域(ナミビア)と湿潤地域(日本)におけるイネ水利用効率の品種間比較.
第230回日本作物学会. 北海道大学. 2010年9月4日-5日. 第79巻(別2), 4-5.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/230/0/230_0_4/_pdf

5) Amara Cisse・泉泰弘・山根浩二・坂上潤一・飯嶋盛雄.
アフリカイネ, アジアイネおよびネリカを含む種間交雑系統の濁冠水ストレス耐性.
第230回日本作物学会. 北海道大学. 2010年9月4日-5日. 第79巻(別2), 6-7.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/230/0/230_0_6/_pdf

6) 鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄.
バイオマスによるより大きな被覆は半乾燥地においてより高い水利用効率を可能にする.
第231回日本作物学会. 東京農業大学. 2011年3月30日-31日. 第80巻(別1), 6-7.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/231/0/231_0_18/_pdf

7) Petrus Ausiku・Amara Cisse・吉鶴孝志・泉泰弘・鈴木哲司・林剛志・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄.
アジアイネとアフリカイネは貧栄養ストレスに対して異なる生育反応を示した.
第231回日本作物学会. 東京農業大学. 2011年3月30日-31日. 第80巻(別1), 364-365.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/231/0/231_0_364/_pdf

8) 林剛志・泉泰弘・鈴木哲司・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄.
根箱法によるNERICA根系発達の検討:とくに乾燥ストレス耐性評価/
第232回日本作物学会. 山口大学. 2011年9月1日-2日. 第80巻(別2), 192-193.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/232/0/232_0_192/_pdf

9) 鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・山根浩二・飯嶋盛雄.
日本とナミビアにおけるイネの気孔コンダクタンスに対する環境要素の影響.
第232回日本作物学会. 山口大学. 2011年9月1日-2日. 第80巻(別2), 264-265.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/232/0/232_0_264/_pdf

10) 岡崎勇樹・山根浩二・飯嶋盛雄.
塩ストレスがイネ−雑穀混作に及ぼす影響.
第234回日本作物学会. 東北大学. 2012年9月10日-11日. 第81巻(別2), 238-239.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/234/0/234_238/_pdf

11) 荒木千絵・山根浩二・飯嶋盛雄.
土壌の水ストレスがイネ−雑穀混作に及ぼす影響.
第234回日本作物学会. 東北大学. 2012年9月10日-11日. 第81巻(別2), 240-241.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/234/0/234_240/_pdf

12)藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄 2012. ナミビア農牧社会における大雨洪水災害と農牧民の対処.
2012年日本地理学会秋季学術大会発表要旨集 神戸大学 2012年10月6-7日 口頭発表
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajg/2012a/0/2012a_100140/_pdf

13) 荒木千絵・渡邊芳倫・山根浩二・飯嶋盛雄.
イネ−トウジンビエ混作条件下における作物の水源と水分生理に及ぼす土壌水ストレスの影響.
第235回日本作物学会. 明治大学. 2013年3月28日-29日. 第82巻(別1), 350-351.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/235/0/235_350/_pdf


14)藤岡悠一郎・西川芳昭・飯嶋盛雄 2013. 参加型農村開発に向けた在来農業の実態把握とフィードバック手法の検討−ナミビア農牧社会における稲作導入とGPSロガーによる労働分配調査−. 2013年日本地理学会春季学術大会発表要旨集 立正大学 2013年3月28-29日 口頭発表

15)Yoshiaki Nishikawa, Martha Hangula, Ottilie Shivolo, Benisiu Thomas, Kiyomi Kaida, Yuichiro Fujioka, Morio Iijima. 2013. Improvement of informed consent by farmers for technology adoption (1) - Application of farm sketch in northern Namibia? 熱帯農業学会 茨城大学 2013年3月30 - 31日. 口頭発表

16)飯嶋盛雄 2013. 半乾燥地の水環境保全を目指した洪水−干ばつ対応農法の提案. 生活向上と環境保全に向けた農業技術協力 TICADプレシンポジウム「アフリカにおける日本の大学・企業・研究機関による活動と今後のあり方」JICA横浜 2013年5月26日 招待講演
http://www.gef.or.jp/activity/cooperation/desert/event.html



ダイズの根粒着生制御

<原著論文>
Control of Soybean Nodule Formation by a Crack Fertilization Technique
Morio Iijima, Hiroki Honjo, Yasuhiro Izumi, Hiroyuki Daimon, Toshio Tani, Motoki Hayashi and Tetsuji SuzukiPlant Production Science, Vol. 14 (2011) No. 2 pp.202-212
http://www.jstage.jst.go.jp/article/pps/14/2/202/_pdf


第10回日本作物学会論文賞受賞論文(2013.3.30)


<学会発表>


1) 飯嶋盛雄・本庄弘樹・泉泰弘・大門弘幸・谷俊男・林元樹・鈴木哲司.
亀裂施肥によるダイズの根粒着生制御.
第228回日本作物学会. 静岡県コンベンションアーツセンター (グランシップ).
2009年9月29-30日. 第78巻(別2), 90-91.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/228/0/228_0_90/_pdf

2) 竹内洸貴・泉泰弘・大門弘幸・山根 浩二・飯嶋 盛雄.
亀裂施肥によるダイズの根粒着生制御:投入資材が窒素固定に及ぼす影響.
第230回日本作物学会. 北海道大学. 2010年9月4-5日. 第79巻(別2), 344-345.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/230/0/230_0_344/_pdf

3) 飯嶋盛雄・元永崇之・山根浩二・大門弘幸・泉泰弘.
ダイズの根粒着生制御:施肥資材による増収効果と経年効果.
第233回日本作物学会. 東京農工大学. 2012年3月29日-30日. 第81巻(別1), 270-271.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/233/0/233_0_270/_pdf

4) 道端真沙・杉山高世・上田直也・大門弘幸・泉泰弘・山根浩二・飯嶋盛雄.
ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における摘心・表層追肥との複合効果.
第234回日本作物学会. 東北大学. 2012年9月10日-11日. 第81巻(別2), 207-208.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/234/0/234_208/_pdf

5) 元永崇之・山根浩二・大門弘幸・泉泰弘・飯嶋盛雄.
ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における施肥資材の検討.
第234回日本作物学会. 東北大学. 2012年9月10日-11日. 第81巻(別2), 209-210.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/234/0/234_210/_pdf

6) 泉泰弘・稲葉奈津希・山根浩二・飯嶋盛雄.
ダイズの根粒着生制御:不耕起による増収効果と経年効果.
第234回日本作物学会. 東北大学. 2012年9月10日-11日. 第81巻(別2), 211-212.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/234/0/234_212/_pdf

7) 高尾暢之・辻博之・村上則幸・林怜史・杉山高世・泉泰弘・山根浩二・大門弘幸・飯嶋盛雄.
寒冷地におけるダイズの根粒着生制御の可能性.
第235回日本作物学会. 明治大学. 2013年3月28日-29日. 第82巻(別1), 286-287.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsproc/235/0/235_286/_pdf