近畿大学農学部
生物機能科学科
植物分子遺伝子研究室

menu
Plant Immunity Research(植物免疫研究)

植物が、病原菌に対して免疫反応を誘導する仕組みや、
病原菌が、植物の免疫力を抑制する仕組みを
研究しています。
Plant Immunity Research(植物免疫研究)

植物が、病原菌に対して免疫反応を誘導する仕組みや、
病原菌が、植物の免疫力を抑制する仕組みを
研究しています。

Research

ようこそ、植物分子遺伝学研究室のホームページへ。

作物生産の約15%は、病害により失われています。この損失量は、世界で10憶人分の食料に相当します。さらに、近年、世界規模での環境変動や国際貿易に伴う病原菌・害虫の移動により、従来の病害発生地域とは異なる地域で病害が発生しています。また、新たな病原菌が出現することでパンデミックを引き起こし、作物品種が壊滅的な被害を受けることが多数報告されています。そのため、このような現状を打開し、食料生産を持続的に安定化するための次世代耐病性技術の開発が望まれています。

当研究室では、モデル植物であるイネ(単子葉)やシロイヌナズナ(双子葉)を用いて、「植物の免疫誘導機構」および「病原菌の感染戦略機構」に関して、分子生物学・細胞生物学・植物病理学的手法を用いて研究を行っています。「植物の免疫誘導機構」の研究では、植物がどのように病原菌の感染を認識し、どのようなシグナル伝達を介して免疫反応を誘導しているのかについて解析を進めています。また、「病原菌の感染戦略機構」の研究では、病原菌が植物の細胞内に分泌するエフェクターが、どのように植物の主要な免疫制御因子を阻害するのか、あるいは植物の遺伝子を操って、どのように病原菌の増殖に有利な環境を作り出すのかについて解析しています。さらに、これらの研究成果を基に、「植物の免疫力を向上させるための技術開発」、および「病原菌の感染能力を抑制する環境低負荷型の農薬開発技術」の研究を行っています。